slider slider slider

歴史

ホテル・ミラマーレの歴史

1800年代後半にラディスポリの街は、すでに古代ローマ時代から栄えていたチヴィタヴェッキア港から訪れる人のための重要な運輸経由港として栄え始めました。

ローマの実業家ナルディはこの地が観光に適していると考え、海岸沿いに宿泊施設などを建設しはじめました。

現在でも記憶に残るペンションリドの名で、1894年に初期の宿泊施設が建てられました。

その後宿泊施設は繁栄の時代を迎えました。アルバーノ市の実業家アレッサンドロ・ピアテッラはラディスポリでの成功を確信してこの地域に多大な投資をし、このホテルを購入しました。

1914年、ペンション・リドは改築され、新しい客室を増やし、現在の「ホテル・ミラマーレ」と名づけられました。ピアテッラ氏はエレガントな雰囲気と他ではないサービスを提供する新しいこのホテルが一流のイメージを与えることをわかっていました。

ホテルはさらに大きくなり、ピアテッラ氏により画期的で独創的な海水浴場も加えられました。

第二次世界大戦中ホテルはドイツ軍に占領され、重要な軍の司令本部となりました。戦後ホテルは熱心に建物の新しい活力を再び与えようとしたオーナーのもとに戻ってきました。

数年の苦難の末、ホテルは元の状態に戻され運営を再開しました。近年未来を見すえた有能なマネージメントは心に迫る厳格な歴史ある雰囲気と、現在のサービスを融合させています。